包虫嚢胞 - 写真

包虫嚢胞 - エキノコックスの虫卵で汚染されている食物や水を食べることによって引き起

こされる感染症です。このワームは、多くの場合、特にヒツジ、イヌ、共通の家畜に見られる微細な虫です。

ヒトでの感染はまれですが、それは重大なことができます。卵が摂取された後、それは器官で決定した(例えば、肺、脳、肝臓など)や大嚢胞の原因とされています。

包虫嚢胞 - 原因と症状

- 徴候と症状

嚢胞がゆっくりと成長するにつれて包虫嚢胞は、10または20年間の症状が何も起こらないかもしれません。症状が発生した場合、彼らは含めることができます。

腹痛
胸痛
消えない咳
意図しない体重減少
弱点
黄疸(黄色の皮膚や目)
発熱
血便
頭痛
発作

診断

嚢胞はしばしばMRIで発見されています。彼らはコンピュータ断層撮影(CT)や磁気共鳴画像法(MRI)スキャナーでも検出することができます。時には細かい針を穿刺嚢胞と包虫嚢胞感染のために流体のテストを取るために使用されます。

包虫嚢胞 - 治療

駆虫薬と呼ばれるワームによって引き起こされる感染症を治療する薬。これらは、アルベンダゾール、メベンダゾール及びプラジカンテルが含まれています。嚢胞を摘出する手術は、重度のケースで必要となる場合があります。