角化血管腫外接 - 写真

角化血管腫外接 - 良性血管皮膚病変は、特に表皮および/または角質として表皮反応に伴

う真皮上層に位置する薄い壁(紫調達スポットに暗赤色である)、と拡張した血管によって特徴付けられる。フォーダイスの角化血管腫は、主に陰嚢に配置され、まれにしかペニスにして、通常陰茎亀頭で発見されていません。被角血管腫言語 - 陰嚢とキャビアスポットの限局性被角血管腫のフォーダイスの角化血管腫に関連付けられています。

角化血管腫外接 - 原因と症状

- 離れて他の角化血管腫は不明であるため、遺伝的欠陥によって引き起こされるファブリ症候群から。

角化血管腫外接 - 治療

化粧品の理由は、病変の外科的除去の様々な方法を試してみてください。切除が1つの病変がある場合のみ表示され、局所麻酔下で行われる。液体窒素アプリケーションと凍結療法は、病変の解像度が残留色素脱失、瘢痕のために使用されます。電気焼灼は局所麻酔の有無にかかわらず使用され、有益な結果を引き起こすことができます。アルゴンレーザーまたは最小限の瘢痕化銅本研究の結果。